会員・関係者のみなさま

コロナウイルスの拡大による、会員の皆様の臨床実践・教育研究活動、また当事者やご家族の方々の生活への甚大な影響について、お見舞い申し上げます。

さて2021年度愛知大会につきましては、開催地である愛知の医療法人福智会・福智クリニック他関係者の皆様方の篤いご支援・ご協力のもと、現地・オンラインのハイブリッド開催で準備を進めておりました。

コロナ禍については現在の第五派に見舞われ、開催予定であ12月時点での国内感染の状況について見通しも定かではありません。ただこれまで愛知大会関係者の皆様のご尽力のおかげで、演題登録や各種企画の準備も進めてくださっている段階でございます。これを踏まえて愛知大会は『完全オンライン大会』として運営することとなりましたので、ここにお知らせさせていただきます。

運営の方式については現在調整をしておりますので詳細な運営方針が固まりましたら、大会事務局より随時お知らせを申し上げます。

愛知での発表・ご交流を楽しみにしていらっしゃった方も多いかと存じます。悪しからずご容赦いただければと存じます。またご後援・ご支援を頂きました関係者の皆様方におかれましては、御礼を申し上げるとともに、今後とも引き続き、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆様方のご健康を心よりお祈り申し上げます。

日本精神障害者リハビリテーション学会