Japanese Association of Psychiatric Rehabilitation

ベストプラクティス賞について

  • HOME »
  • ベストプラクティス賞について

日本精神障害者リハビリテーション学会 ベストプラクティス賞について

日本精神障害者リハビリテーション学会では、2008年度から地域で精神障害者を支援し心理社会的リハビリテーション活動として先進的に取り組み成果が認められる実践について、『ベストプラクティス賞』として表彰することを始めました。これまで11団体の実践が本学会の定めた「ベストプラクティス8つの評価基準」を満たしているとして顕彰されています。本学会の学会誌『精神障害とリハビリテーション』に、活動が紹介されていますので、詳細はそちらをご覧ください。

 

年度

大会

受賞団体・活動

紹介記事

2018

11

26回東京大会

株式会社アソシア(沖縄県)

2017

10

25回久留米大会

NPO法人ハートinハートなんぐん市場(愛媛県)

221

2016

9

24回長野大会

社会福祉法人多摩棕櫚亭(東京都)

211

2015

8

23回高知大会

NPO 法人遠州精神 保健福祉をすすめる会(E-JAN)(静岡県)

201 

2014

7

22回岩手大会

市川コミュニティ精神保健医療保健福祉会議 (千葉県)

191 

奨励賞:医療法人 唯愛会 (群馬県)

2013

6

21回沖縄大会

特定医療法人万成病院・障害福祉サービス事業所 多機能型事業所 ひまわり(岡山県)

181 

2012

5

20回神奈川大会

社会福祉法人浦河べてるの家(北海道)

171 

2011

4

19回京都大会

社会福祉法人豊芯会(東京都)

161 

励労実践賞;社会福祉法人明清会(群馬県伊勢崎市)

2010

3

18回浦川大会

該当なし

2009

2

17回福島大会

該当なし

2008

1

16回東京大会

東京大学医学部付属病院精神科デイケアホスピタル(東京都)

131 

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.